×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


みんなのうた「道」より引用 あの電車
NHK みんなのうた より 「道」

Bトレインショーティー改造


2008/4/29完成
 NHKのみんなのうたで放送された「道」という歌。確か2004年だったと思います。CGアニメーションの小さい路面電車がのそのそと走るアニメーション、そして歌とアニメーションに込められたストーリーに魅せられた人も多いのではないでしょうか。音楽が始まってちょうど1分あたりの回想シーンで電車の玩具を手渡されます。この物語中では主人公の少年が電車と出会った最初の場面となります。そんな電車のアニメのあの電車を模型にしました。
→youtube動画
作詞作曲:yumirose
CGアニメーション:小野 修

 とりあえず車体はそれっぽいのでよかったのでBトレを使いました。1/150にしては車体が大きいのですが、アニメーションでもずんぐりむっくりだったのでプロポーションはこんな感じだと思います。パーツは持ってる車両の中から前面を名鉄モ570、側面は広電1100を選択して組み立て。窓枠や車体裾など手が入れられそうな部分は手を入れました。ビューゲルはMODEMOの都電から余った物を持ってきました。
 動力ですが、説明書には2軸のポケットライン用動力が指定されています。アニメではボギー車でしたし、2軸は集電効率が良くないのでBトレインショーティー用の小型動力を使うことに。そのままじゃ入らないので台車側を削り込んでやります。全部モールドを削ると見える部分が格好悪いので見える部分は残しつつ走行性能を確保。ウェイトをたっぷり積んでゆっくり走れるようになりました。

サッシ部分は最初塗らないつもりでしたが、アニメーションを見てるとトーンを変えてあるようなのでアニメーションに従って薄い緑を塗りました。

動力ユニットを引き抜いてみたところです。削った部分がわかりやすいと思います。この通り足回りはギリギリです。これでもR100カーブはクリアー。
 

このアニメーション、こういうアニメーションにしては意外なことにだいぶ細かくモデリングされてます。最初のあたりの台車部分のアップシーンでの車体の揺れや、上の画像のシーンのドアの裏側のステップ部分などまでしっかりと描かれています。よく見ると窓の保護棒まで・・・
本当は模型にもゆらゆら走ってほしいのですが、さすがにそこまではできませんでした。とりあえずゆっくりとのろのろ走るところまではできました。
 
戻る