×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スーパーマーケット
Block Structure System 試作

かさばってしょうがないストラクチャーを運搬しやすいようにするという試み。建物は体積が大きいから、運転会とかに持ち運ぶ時にかさばって困る。特に体積の大きいビルなどは段ボールなどに入れて持ち運ばなきゃいけなくなるわけで。なので、使わない時はコンパクトに畳めて使う時だけ組み立てて使えるストラクチャーを試作してみました。

プロトタイプ
試作というわけで、作りやすい箱形で済む建物でわかりやすいのを探してみました。この「タイヨー」は鹿児島のスーパーマーケット。荒田店は鹿児島市交通局のそばにあります。

今回はこの写真から前面部分を切り出して印刷した物をそのまま建物の前面として使っています。かぶってる電線や樹木や看板などはフォトレタッチで消しています。

フォトレタッチで作った前面部分。印刷した物を厚紙に貼って出来上がり。

パーツはこれだけ。試作なので形になればいいので側面や後面は完全手抜き。体積的には1/10くらいに小さくして運べます。

接続部分
要となる接続部分。精度が出せてしっかり保持できるジョイントとしてダイヤブロックを選びました。レゴブロックだとはめ込むと保持力が強すぎて分解時にストラクチャーそのものが壊れるので使用しませんでした。

完成
レイアウト上に置くとこんな感じ。試作ということでジョイント数を少なくした結果ガタガタですが、小さくして運びやすくするという面では十分使えるとわかったので本製作に入りました。
結果
メリットはなんといっても小さくして運搬できること。特に四角いビル等は体積をかなり圧縮できるので適しています。
デメリットは使用する時にいちいち組み立てないといけないこと。複雑な形状の鹿児島中央駅などはパーツ数が多いので組み立てに時間がかかります。
戻る