×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


三菱B8富士重工車体タイプ

トミーテックTHEバスコレクション改造

種車:日産ディーゼル4R西武バス+都営バス
実車紹介
九州では貸し切りバスに中扉と方向幕を付けて路線バスとして使用することがよくありました。この中扉増設を「中扉ぶち抜き改造」、前面下部に設置された大型の方向幕を「弁当箱型方向幕」などと言ったりします。
これらの改造は熊本のイズミ車体で行われました。

改造箇所
・切り継ぎ長尺化
・ベンチレーターの撤去
・メトロ窓化
          など
 バスコレ第二弾のHUのペアとして発売された日デ4R。HUのインパクトに押されてか、4Rはあまり人気が無かったようだ。しかし、改造ベースとしては最強で、エンジンルーバーを変えるだけで様々なバスに化けることができます。極めつけは観光バス化でしょう。
 当時の観光バスは路線バスと同じ断面でした。そのため路線バスの4Rもうまく改造してやれば観光バスにしてやることが可能です。偶然手元に改造に使って不要になった車体後部があったので、それを再利用して長尺化してあります。中扉より前の部分が前中扉車、中扉から後ろが前中扉車です。中扉改造車の中扉は折戸なのでむりやり似せてあります。前面は方向幕部分を削ってから、そこにTOMIXの富士重工7Eの前面ガラスを削ってはめてあります。メトロ窓はプラ板で別に作っておき、あらかじめ窓部分を抜いておいた車体にはめ込んで接着しています。
 後面は方向幕を撤去し、リアコンビランプを取り付けて観光バス風としています。ルーバーはめんどくさいのでそのままです。
これ、初めは国鉄バスの長尺路線車を作ろうとしたんですが、結局林田バスにしてしまいました。
戻る